ボトル

東薬「特製カイロ用ベンジン」のボトル

東薬「特製カイロ用ベンジン」のボトルは、中のベンジンと同様に綺麗な透明です。


ラベル

ラベルはシンプルなデザインで、製品名の下にはメーカー名と所在地が明記されています。

検索したところ、各種化学製品(農薬、洗剤など)を手がける「トーヤク株式会社」の子会社の中に、「協同組合東薬」の名前がありました。

  • 会社案内(会社概要)(トーヤク株式会社)
    http://www.toyaku.co.jp/company/index.html

「協同組合東薬」の詳細は判りませんが、親会社は1946年設立と長い歴史があり、その点ではこのベンジンにも信頼感が湧きます。


用途と成分

製品名の横には、用途・成分が記載。


注意事項

更に裏側に回ると、取り扱い上の注意事項が列記されています。

全体としてシンプルなラベルながらも、しっかりとした堅実さが感じられます。


注ぎ口・閉じた状態

ボトルの色の他にユニークなのは、ベンジンの注ぎ口です。

私がこれまで購入・使用してきた4社の製品(ハクキンカイロの純正品含む)は、全てキャップ自体をある程度ゆるめることで注ぐ方式でした。

対してこのベンジンでは、キャップ自体はボトルにきっちり閉めたまま、ボトルに備えられた赤い回転部分のみを回すことで、開閉ができるようになっています。

右写真は蓋が閉まっている状態。


注ぎ口・開いた状態

そこから回転部分を90度回すことで、ボトルを傾けた際に、下の注ぎ口からベンジンが出るようになります。

ただしこの製品は、購入時の状態では、ボトルの口に(キャップとは別の)蓋が嵌められており、最初に使用する際にはその蓋を外す必要があります。


ハクキン純正ベンジンのボトルと並べる

「ハクキンカイロ専用ベンジン」の空ボトルと並べたところ。

ボトルの肩までの高さはほぼ同じですが、キャップの構造の違いからか、全体の高さは東薬のベンジンのほうが低くなっています。


4社のベンジンのボトル

他4社のボトルはこのようなサイズなので、ボトルの大きさ的には、(少しの差ですが)東薬のベンジンが一番コンパクトだと思います。


一番上に戻る

使用感


(楽天市場「爽快ドラッグ」)

2014年12月に、買いだめしていた「ハクキンカイロ専用ベンジン」を使い切ってしまい、同じ製品を続けて購入するつもりでしたが、楽天やアマゾンでは軒並み品切れ。

そこで、代わりに検索結果にヒットしていた今回のベンジンを、試しに購入してみたものです。

ちなみに購入ショップは、楽天市場の「爽快ドラッグ」さんで、購入時の本体価格は639円でした。

また当ページの作成時(2015年1月上旬)は、「ハクキンカイロPEACOCK」で使用を始めてから3日目です。


匂いは消毒薬っぽい

匂いは、燃料というよりも消毒薬っぽさのほうが強く、その点ではタカビシ化学のベンジンに近いと思われます。

(※ただし、タカビシのベンジンの匂いを久しく嗅いでいないので、正確な比較はできませんが)


性能は純正ベンジンに近い

カイロの火付きは、他社製品と同様に良好。

また持続時間は、ハクキンカイロの専用カップ1杯で約12時間と、ハクキンの純正ベンジンとほぼ同程度です。

ただカイロの暖かさは、純正ベンジンよりもほんの少しだけ落ちる感触ですが、価格が高い(純正ベンジンとほぼ同等)だけあって、これまで購入したハクキン以外のベンジンでは最も優れた性能であり、純正ベンジンの代替品の役割を十分に果たし得るものだと感じています。


検索結果:楽天市場


一番上に戻る

関連ページ


一番上に戻る

(スポンサード リンク)


更新履歴

  • 2015/1/8Thu:アップロード

一番上に戻る

    inserted by FC2 system